富山県高岡市の道徳塾のホームページにようこそ!!

 

塾長のブログ

 
フォーム
 
わが子をどう褒める?
2019-05-15
こんにちは。
高岡市福岡町の道徳塾の塾長です。
 
みなさんはお子さんを褒めていますか。
どのようにお子さんを褒めていますか。
 
私は、保護者さんから、子どもの勉強のやる
気を引き出すために「子どもをどのように褒
めたらいいですか?」「テストの結果に対し
てご褒美を与えてもよいですか?」など、
子どもの褒め方についてご相談を受けるとき
があります。
 
このようなご相談に対して、私がどのように
お応えしているかは、このブログの終わりで
紹介します。
 
さて、
 
「子どもを褒めて育てる」ということには、
私は基本的には賛成です。
 
褒められれば自分に自信を持つことができる
でしょうし、自分に自信があれば多少困難な
ことにも挑戦しようとする気持ちもでてくる
でしょう。心理学の研究では、自尊心が高い
生徒は、教員との関係が良好で学習意欲が高
く、実力に見合った進路を選択する傾向が指
摘されているようです1)
 
では、どのように褒めたらいいのでしょうか?
 
よくあるのが、テストの点数や通知表の評点
など、〈結果〉について、良かったら褒める、
悪かったら叱るというやり方
 
多くの人がこのやり方なのではないでしょうか?
 
でも、この褒め方は分かりやすいのですが、
弊害も多いと思います。
 
○〈結果〉だけを評価することの弊害
 
親などがテストなどの〈結果〉だけを評価しまう
と、子どもは勉強の目的がテストでよい点を取る
ことだと感じてしまう可能性があります。
 
そうなると、テストに出そうなところだけを暗記
するようなテクニックや一夜漬けが「勉強」だと
勘違いするかもしれません。
 
それよりも、勉強する動機が、親や先生に褒めら
れるため、怒られないようにするためにやってい
るとしたら… 何か悲しいものを私は感じます。
 
また、テストの点数や成績さえよければ、それで
安心して、それ以上の努力しようとしない生徒や、
周りから「優秀な生徒」というレッテルを貼られ、
「間違えること」を嫌がったり、怖がったりする
多くの生徒を見てきました。
 
そういう生徒は、まだやったことがない難しい問題
を目の前にして「まだ、習ってないからできません」
「めんどうくさいからやりたくありません」と言って
考えもしないで、挑戦することから逃げてしまいます。
 
そこには本来の「学び」も
「学ぶことの楽しさ」もありません。
 
近年、頑張って難関大学に入学したとたん、
何をすればいいのか分からなくなる学生がいる2)
ようです。これも周りの大人の〈結果〉を重視
する「褒め方」が少なからず影響を与えている
のではないかと思ってしまいます。
 
それでは、どのような褒め方が子どもの勉強の
やる気を効果的に引き出すのでしょうか。
 
○科学的な研究の紹介1) 
 
①ハーバード大学の研究
 
コロンビア大学のミュラー教授らの研究によると、
「頭がいいのね」ともともとの能力を褒められた
子どもたちがテストの成績を落としてしまったの
に対し、「よく頑張ったね」と努力を褒められた
子どもたちは成績を伸ばしたそうです
 
そして、その褒め方は子どもたちの学習への取り
組み方にも影響を与えました。「頭がいいのね」
と褒められた子どもたちは、テストのゴールは
「何かを学ぶこと」ではなく、「よい成績を取る
こと」であると考え、テストでよい点数を取れな
かったときには、成績にウソをつく傾向が高いこ
とも分かったのです。
 
また、彼らはよい成績が取れたときはその理由に
「自分に才能があるからだ」と考え、テストで良
い点が取れなかったときも「自分に才能がないか
らだ」と考える傾向もあることが分かっています。
 
一方、「よく頑張ったね」と努力した内容を褒め
られた子どもたちは、テストを粘り強く問題を解
こうと挑戦を続けました。努力を褒められた子ど
もたちは、悪い成績をとってもそれは「(能力の
問題ではなく)努力が足りないせいだ」と考えた
ようです。
 
さらに、
子どもを褒めるときは
「今日は1時間も勉強できたんだね」
「今月は遅刻や欠席が1度もなかったね」
と、具体的に子どもが達成した内容を挙げることが
重要なようです
 
そうすることによって、さらなる努力を引き出し、
難しいことでも挑戦しようとする子供に育つとい
うのがこの研究からえられた知見です。
 
 
皆さん、どう思われますか?
 
○〈過程〉をしっかりと
     認めてあげましょう
 
私は、このブログ冒頭の保護者の相談に対して、
 
「テストの結果が良かった・悪かった」という
〈結果〉だけを見て褒めたり、叱ったりするので
はなく、テストを受けるまでの勉強〈過程〉で頑
張ったところをしっかりと見てあげてそれを認め
てあげたらどうですか、という提案をしています。
 
大人はどうしても目に見える〈結果〉を求めがち
です。しかし、〈過程〉に目を向ける方が子ども
たちのやる気を引き出すのに効果的なようです。
 
さらに子どもたちは、大人が見えやすい〈結果〉
よりも見えにくい〈過程〉を認めたくれたことで、
 
「大人はちゃんと自分を見てくれているんだ」
 
と、嬉しく思うでしょうし、
それが心の安心や安定につながり、
「じゃあ、もっと頑張ってみよう」
という気持ちに繋がっていくのではないでしょうか。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
 

ご意見・ご感想はこちらから

ブログ更新のお知らせを希望される場合は

こちらからお申し込みください。(無料です)

 
※無理に入塾を進めたりはしませんので
 ご安心を!
 
SNSからも情報発信しています。
下記SNSをフォローしてくださいね。
 
 
参考資料
013862
<<道徳塾>> 〒939-0132 富山県高岡市福岡町大滝1272 TEL:0766-64-1203 FAX:0766-64-1202